海外旅行の添乗員さんについて

昔ながらのクラシカルな海外旅行のスタイルといえば、添乗員や現地係員に連れられて主な観光スポットを見て回るという、パッケージツアーというものです。そんな添乗員付きのパッケージツアーですが、海外旅行では今なお根強い人気があります。

それはなぜかというと、まずは言葉の心配が基本的に要らないということがあります。
海外旅行をする際に最も心配になってしまうのが、言葉の壁です。

日本語が通じる海外といえば、グアムやサイパンくらいのもので、それ以外の地域となりますと、少なくても英語はしゃべれないといけません。

ところが、添乗員や現地係員がいれば、ツアー参加者は別に何も現地の言葉をしゃべらなくてもいいのです。
異文化には触れたいが言葉は分からない、そんな人にパッケージツアーはぴったりです。

また、万が一の対応も安心というメリットもあります。
海外旅行は、必ずしも平穏無事に済むとは限りません。なれない食事で体調を崩してしまうかもしれませんし、石畳に足をとられて足をくじいてしまう可能性も。

そんな時、添乗員さんがいれば、すぐに病院などを手配してくれます。いくらほかの人がいるとはいえ、観光スポットに夢中になっていると、すりや置き引きにあう可能性も。

そんな被害にあってしまっても、添乗員さんや現地係員がいれば、現地の警察に盗難届けや被害届というのを出してくれます。

海外旅行において、パッケージツアーの添乗員さんは、非常にありがたい存在なのです。


自分に合った芝政ワールドの宿泊の情報を探すならこちらです。

最先端のケアンズの観光の知りたかった情報がきっと見つかります。

国内の格安航空券をご提案いたします。

ジャカルタ航空券に関してお困りですか。

なばなの里のイルミネーション情報サイトを利用しましょう。