土地があるときには注文住宅

img-1

土地を手に入れることができたときにマイホームを手に入れる方法として優れているのは注文住宅です。マイホームは自分でデザインしたいという人が選ぶ選択肢としてよく知られていますが、その際には住宅の設計費用と建築費用に加えて土地の購入費用もかかってしまいます。

建売住宅の場合にも住宅本体の購入費用に加えて土地の購入費用がかかりますが、建物自体にかかる費用が少ないことからトータルとして安上がりになるのが通常です。そのため、本当に自分で住みたい家を設計したいという人にとって優れているのが注文住宅という認識が広まっていますが、もともと土地があるのなら建売住宅では土地を余計に買うことになってしまうのでコストが嵩みます。

それならば設計費用と建築費用がかかっても注文住宅を建てた方が安上がりになるのです。

ただし、建売住宅と比べたデメリットもあります。


実際に建っている住宅を購入するわけではないので、住んでみたらどうなるかという点は想像してみる他ありません。

建売住宅の場合にも建築中の場合にはこの限りではありませんが、既に建築が終わっている物件であれば内見をしてから購入できるでしょう。

その余地が一切ない点には留意しなければなりません。


そして、それを覚悟の上で自分で設計を行わなければならないのです。


その労力も考えると土地を手放した方が良いケースもあるでしょう。

実際には設計に関して自分で全て行う必要はありません。

工務店やハウスメーカーに相談すれば専門の建築家やデザイナーが常に相談にのってくれるので安心して設計を進めることができます。もし自分でデザインするのが難しいと感じたら、原案を用意してもらったり、デザインを一切任せてしまったりすることも可能です。
デザイン力のある人にとってはもったいないことと考えてしまうような方法ですが、人によってはデザインがうまくできなくてストレスになってしまうこともあります。

注文住宅を建てるときの選択肢の一つとして念頭に置いておくと良い手段です。
土地が予め決まっていると設計もしやすいメリットがあるのも知っておくと良いでしょう。

土地の面積や建築基準にしたがって建てられる建物に予め制限が設けられます。
少し限定された状況でデザインを行った方が速やかにデザインを決めやすいのです。


その制限の枠内でいかにして工夫して住みやすい家を作り上げるかというところが楽しく感じられる人もいるでしょう。
デザインが好きな人にとっては多少のハードルがあった方がやりがいが生まれてくることはよくあります。
土地があるときにマイホームを手に入れるのに注文住宅が適しているのは、土地による束縛の中で効率的に住宅を設計できるという点にもあるのです。

全て自分でデザインしてしまえば納得して住み始めることができ、もし建築時に欠陥が生じても正しく指摘することができます。


土地があるなら躊躇せずにマイホームの設計を始めましょう。

















関連リンク

img-2
トイレリフォームの大事な点

トイレリフォームをする上で十分に考慮しておいたほうがいいことを示します。とくに和式トイレから洋式トイレに変更するときには、その家の基礎の高さはふつうは変えることができません。...

more
img-2
フロアコーティングの種類とそれぞれの特徴について

フロアコーティングは、住宅や公共施設、商業店舗といった建物の床材に行う保護皮膜となっています。2017年現在、日本国内のフロアコーティング業界で主に主流となっている技術は、全部で6種類あります。...

more
top