地デジアンテナ工事の費用とは

img-1

地上デジタル用のアンテナを購入したり、家を建てたりした場合で、野外用の地デジアンテナは屋根などに取り付ける必要があり、そのアンテナ工事の費用はもちろんかかってきてしまう費用になします。

費用の相場は業者によっても違います。

たとえばアンテナ代金じたいはすごく安くても、アンテナ工事費用がものすごく高いということもありますので、アンテナを購入する際にはアンテナ工事代のこともかかるお金として考える必要があります。



一般的な工事代の相場ですが、地上デジタル用アンテナの新規取り付け工事代金は22、000円程度、ブースターという地上・BS・110度CS対応タイプへの交換工事代金は41、000円程度、BSアンテナ(BS・110度CSタイプへ変換)工事代金は18、000円程度、分配器の交換工事代金は16、000円程度、アンテナコンセント交換工事代金は一箇所で3、000円程度となっています。



家庭や業者によっても違いますが、見積もりするとだいたいで50、000円から100、000円というのが相場といえます。アンテナの本体価格は10、000円程度のものが多いのですが、工事代はそれの何倍ともなってきてしまうのです。
良心的な業者であっても最低でも50、000円程度はかかるものと思っておきましょう。
ここで気をつけたいことは、地上デジタル用のアンテナ工事というのはアンテナの設置だけでは終わらないということです。



地上デジタル放送をテレビで見られるようにするには、アンテナの設置のほかにケーブルでつないだり、または家庭によっては分配器やブースターの設置が必要になる場合があります。

基本的にかかる代金としては、設置するアンテナ代金、設置する工事費用、ケーブルや資材代金、分配器、ブースターと思っておきましょう。



もちろんこれ以外にも代金がかかってくる場合もありますし、必要がない場合は削れれることもありますので、業者からもらった見積書にどのようなことが書いてあって、どのような金額をとられているのかを理解しておく必要があります。



地上デジタル用の工事を依頼する業者にも種類があります。
まずはアンテナ専門業者です。
地上デジタルアンテナを専門に扱っている業者になります。

専門に扱っているので技術力が高かったり、工事の内容にも信頼できるという点がメリットであると言えますが、安さを求めることは難しいと言えます。



次は家電量販店経由の業者です。



家電量販店が直接工事を行うのではなく、提携している地元の電気屋さんや専門業者が実際に行うということになります。


アンテナを家電量販店で購入した際に設置工事を申し込むことも出来るため非常に便利なところはメリットですが、どうしてもマージンの上乗せなどがあるため価格はほかよりも高くなりがちなのが現実だといえます。

最後は町の電気屋さんです。


町の電気屋さんのメリットは細かい交渉などもしやすいという点になります。



値段もピンからキリまであります。

関連リンク

img-2
通販で買えるガラスコーティング

車にワックスをかけるのは大変です。洗車して汚れを落としてから、ボディ全体に均一に伸ばしていきます。...

more
img-2
地デジアンテナ工事の費用とは

地上デジタル用のアンテナを購入したり、家を建てたりした場合で、野外用の地デジアンテナは屋根などに取り付ける必要があり、そのアンテナ工事の費用はもちろんかかってきてしまう費用になします。費用の相場は業者によっても違います。...

more
top