ユニットバスにリフォームしてバスタイムが充実

img-1

ユニットバスというとどこか画一的で魅力に乏しいデザインが多いイメージを持つ人は今でも少なくありません。

確かにかつてのユニットバスはビジネスホテルなどで採用されるような無機質で個性のない狭い空間のためのものという印象があったのですが、現在のユニットバスの進化は目を見張るものがあります。
バスルームというのは一日の疲れを取り除き、体を清潔に整えるための場所で、特にお風呂の好きな日本人にとっては欠かすことの出来ない大切な場所です。

浴槽につかる前に体を綺麗にしてからお風呂にはいるという、清潔好きな日本独自の入浴法は、バスタブの中で体を洗う欧米式の浴室とは使い勝手も求められる機能も変わってきます。



よく欧米へ海外旅行に出かけると浴槽が浅くて肩までゆったりとつかることが出来ないと不満を感じる人は今でもいるようなのですが、そもそも欧米でのバスルームの使い方が日本のものとは全く違うため、日本のように、温かなお湯にゆったりと体を沈めるという利用方法に対応していないというだけのことです。
日本人にとってお風呂につかるという文化は切っても切れない特別なものです。



だからこそ浴室は家の中でも特にくつろげる清潔感のある空間にしておきたい場所だといえます。



けれどもお風呂やトイレなどの水周りは毎日の利用で汚れやすく、長く使っているうちには設備が故障してしまったり、汚れを落としにくくなってくることは避けられません。



湯気やたんぱく汚れ、石鹸カスなど、汚れの種類も多く、浴室の掃除は多くの人を悩ませるものの1つです。そんなときは最新式のユニットバスにリフォームするのがオススメです。かつてのイメージとは全く違う、デザイン性にも優れ、使いやすい機能が満載の製品が数多くあります。



ユニットバスというのは、工場で規格生産されたパネルや浴槽などのパーツを現場へ運んで組み立てる方法で作られるものです。そのため工期がとても短い期間ですむのが特徴のひとつで、長期間入浴できずに不便な思いをしなくてすむところも大きな魅力です。



さらに機能性が非常に高い製品が次々に発売されるようになり、取り入れることで、より快適で便利に使える空間にすることが出来ます。


リフォームのタイミングでどの製品が良いかを検討するときには、カタログで決めてしまうのではなく、必ずショールームなどに出向いて実物を自分の目で見て手で触れてみることがオススメです。



カタログで見るのとは全く違う感想を持つ場合もあるし、取り入れようと思っていた機能よりもさらに魅力のある機能が見つかることも考えられます。



実際に浴室とおなじユニットが何種類も体験できる大規模なショールームもあり、製品を比較することも出来るので、リフォームを検討するときには是非出かけてみることがオススメです。

家族みんなで実物を体験してみることで、リフォームへの期待がより高まり、充実したバスタイムをすごせる理想のバスルームを実現できるようになります。


関連リンク

img-2
駅近くの中古マンション価格とリノベーションーション

リノベーションーションは建物の柱などの構造体を残し、他の内装すべてを取り壊してから、注文住宅の家づくりと同じように自由な間取りを作りあげ、新築以上の価値を持つ家づくりを行う事が出来るリフォームの方法です。リノベーションーションは、一戸建て住宅だけではなく、マンション物件でも可能になるため、中古マンションを格安で購入をし、リノベーションーションを行って快適な家にする人が多くなっています。...

more
img-2
トイレリフォームの大事な点

トイレリフォームをする上で十分に考慮しておいたほうがいいことを示します。とくに和式トイレから洋式トイレに変更するときには、その家の基礎の高さはふつうは変えることができません。...

more
top