駅近くの中古マンション価格とリノベーションーション

img-1

リノベーションーションは建物の柱などの構造体を残し、他の内装すべてを取り壊してから、注文住宅の家づくりと同じように自由な間取りを作りあげ、新築以上の価値を持つ家づくりを行う事が出来るリフォームの方法です。



リノベーションーションは、一戸建て住宅だけではなく、マンション物件でも可能になるため、中古マンションを格安で購入をし、リノベーションーションを行って快適な家にする人が多くなっています。



マンションと言うのは、一戸建て住宅のように自由に使う事が出来る土地がありません。



一戸建ての場合には、家が古くなってしまった時などは持ち主の意向で家を取り壊して注文住宅での家づくりを行う事は可能ですが、マンションの土地は専有面積の割合で土地の持ち分が決められると言った特殊な所有権になるため、部屋の中がボロボロになってしまったからと言って建物全体を建て替えると言う事は所有者一存では行う事が出来ないのです。

そのため、マンションの価値と言うのは土地よりも住居内にあると言っても過言ではなく、新築の時の価値が最大であり、築年数が経過して行くと家の価値は徐々に下がる事になります。



築年数が30年や40年と言った中古マンションの場合、住居スペース部分の価値は低くなっているため、販売価格も大幅に安くなっているケースが多くあります。

しかも、駅から徒歩数分と言う立地にあるマンションでも、値段が安いため立地条件を重視したい人にとっては魅力的な物件でもあるわけです。
但し、築年数が30年や40年経過していると言う事は、リフォームしなければ住まいとして利用出来ないケースもありますし、昔のマンションの間取りは細かく区切られているケースが多く、現在のライフスタイルに合わないと言うケースもあります。



リノベーションは間取りを自由に変える事が出来るリフォームの方法でもあり、窓枠やキッチン設備、浴室設備、トイレなど生活に必要となる住居設備をすべて撤去し、部屋の壁を取り払うなどの内装部分を解体して行きます。
残るのは、マンションの構造体となる柱などであり、マンションの構造体は主に外側にあるので、内装すべてを解体すると一つの広い空間が出来上がります。


リノベーションは、この段階から新しい間取りを作り出す手法であり、購入した中古マンションの間取りがライフスタイルに合わない場合でも、リノベーションを行えば快適に生活を送る事が出来る部屋に変えられると言う事です。



しかも、駅まで近い物件を選んでおけば、通勤や通学にも便利ですし、駅近くと言うのは飲食店やスーパーなどのお店が集まっているため、買い物や外食にも便利です。
新築マンションの場合は、駅から近い物件ほど価格が高くなりますし、分譲が行われている物件はある程度の妥協をして購入するケースも多くあります。



その点、リノベーションは注文住宅の家づくりのようなこだわりのある家づくりを行う事も出来ると言う魅力があるのです。



関連リンク

img-2
地デジアンテナ工事の費用とは

地上デジタル用のアンテナを購入したり、家を建てたりした場合で、野外用の地デジアンテナは屋根などに取り付ける必要があり、そのアンテナ工事の費用はもちろんかかってきてしまう費用になします。費用の相場は業者によっても違います。...

more
img-2
フロアコーティングの種類別の詳細情報

フローリングに適したコーティングには、施工する原材料によって種類が分かれています。各々、コストや効果、耐用年数が異なる為、自宅のフローリングなどに施工される場合には、知識を持っておく事が重要となります。...

more
top