トイレリフォームの大事な点

img-1

トイレリフォームをする上で十分に考慮しておいたほうがいいことを示します。

とくに和式トイレから洋式トイレに変更するときには、その家の基礎の高さはふつうは変えることができません。


したがって、洋式トイレにしたいときには、用を足す高さから考えて水で効率よく洗い流す高さを保つことが重要です。

もともとの基礎が低い古い民家については、この高さを保つことができるかどうかについて、ひとまず点検しないといけません。もしも高さをとれていないと便器の中を水の落差の力が十分でなく、排水口から直下に落下させるような流れを保つようにしないと洗い流せません。

こうした根本的なことは、リフォームする業者とよく点検し合って支障のないようにすることが必要になります。

さらに排水口の形状と場所においても十分な注意が要求されます。せっかくリフォームするからトイレを広くしたという要望があっても、物理的にこの排水の場所の都合で広げられないということもありがちです。


したがってその点は業者とも良く打ち合わせして、リフォームの間取りをどうするかなども含めて相談します。
場合によっては取り付けられる便器の形状に制限が生じることもあり得ます。特にマンションのトイレリフォームの場合には、洋式からべつの洋式への変更であったとしても、共用部分の下水の配管との接続から、さらなる不都合もあり得ます。

また、給水圧や水量が十分とはいえない場所では、朝などの家族が使いたいときなどにタンクに水がたまらないこともあり得ます。
トイレの配管やタンクの位置などを見直すか、超節水型の貯水タンクの使える便器を採用するといいのかもしれません。
それから洋式では種々の機能をもつ便座が選べます。

ただしいずれも電動式なので電源の確保が必要になります。

リモコンで操作できるものもあります。

本体に電源が必要ですので、いずれにしてもコンセントが必要になります。


このことは配線工事が必要になりますから業者に前もって伝える必要があります。さらにトイレに暖房を加えたいとか、換気扇をしっかりしたものにしたい場合などは、そのために電力が余分に必要になります。

こうした暖房具などには水回りに対応したコンパクトなものがあります。暖房器具に関しては安全な位置での使用が求められます。

ここにあげた注意点は、いずれもトイレリフォームを相談する業者に事前に伝えておく必要があるものばかりです。
希望を提示して見積もりしてもらい費用を算出してもらいます。その手順をきっちり踏まないと、のちから追加で工事を行うことになったり手間を増やしてしまって、余分な費用をかかりかねません。リフォームを思い立った時に希望点をメモすること、機種などの情報収集すること、リフォームのスケジュール日時などを計画したうえで業者に見積もってもらうとよいでしょう。
見積もりのどの項目についても理解できた上で工事に取りかかるようにします。

足立区のトイレリフォームの新しい情報です。



オリジナリティに富む鉄板焼きとワイン情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。





https://allabout.co.jp/gm/gc/439776/

https://4meee.com/articles/view/154123

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201632456.html

関連リンク

img-2
フローリング補修のプロについて

フローリングが痛んできた時には、自分で直せる範囲であるのなら少しでもある道具などを使って、直すことができますが、プロの業者に頼むこともできます。フローリングは木で出来ているので、物を落としたり家具を引きずったりしてしまうと傷がついてしまいます。...

more
img-2
アンテナ工事にかかる費用の目安

アンテナを設置する工事を頼みたい場合には、工事の内容を知っておいた方が、業者に見積もりを頼んだ時に内容を理解することができるので安心です。アンテナ工事の費用を知りたい場合は、まずアンテナ設置工事について理解する必要があります。...

more
top