アンテナ工事にかかる費用の目安

img-1

アンテナを設置する工事を頼みたい場合には、工事の内容を知っておいた方が、業者に見積もりを頼んだ時に内容を理解することができるので安心です。
アンテナ工事の費用を知りたい場合は、まずアンテナ設置工事について理解する必要があります。一口にアンテナ設置工事と言っても、アンテナ設置工事には「UHF工事」や「分配工事」、「ブースター工事」があります。

BS・CSアンテナも同時に設置したい場合には、こうした工事の他に「ミキサー工事」も行います。


UHF工事のUHFとは、300MHzから3000MHz(3GHz)の「極超短波」という周波数のことを指します。地デジ放送においては、470MHzから770MHzまでを使用しており、13チャンネルから62チャンネルまでの番号がそれぞれ割り当てられます。
割り当てられたチャンネルは、「物理チャンネル」と呼ばれています。


こうした電波を受信するには、UHF専用の受信アンテナが不可欠になり、それを設置するための工事は「UHF工事」と呼ばれます。
テレビが一台だけではない時は、電波を分けなければならないので、分配工事が行われます。

「分配器」で受信する電波が分けられ、テレビコンセントがない部屋にテレビを置く場合や、テレビ台数を増やしたい時などに、テレビを複数見ることができます。

ただし、分配器で電波を分けることで、電波が弱くなってしまうことがあります。電波が弱くなれば、映りが悪くなる可能性もあるので、ブースターを使用して電波レベルを上げます。ブースターは「分副器」のことです。
また、ミキサーというのは「混合器」のことで、地デジアンテナのみならず、BS・CSアンテナも設置し、それをテレビ一台で視聴する際に必要になります。アンテナ設置工事を行う場合、屋根あるいは壁面といった高所の作業となるものの、足場は組む必要がなく、ハシゴを使用して上ります。
作業員は1人になることが多く、作業時間については3時間前後で済むことが多くなっています。アンテナ設置工事の費用を考える場合、まずはアンテナを購入する必要があります。
一般的なアンテナの場合、2、500円程度です。

景観を考える場合はデザインアンテナがお勧めですが、これらは多少費用が上がり、7、000円から12、000円前後になります。
アンテナそのものは、アンテナ工事の料金に含まれているケースもあります。


UHF工事の場合は20、000円から、分配工事なら5、000円から、そしてブースター工事では15、000円からの料金帯が目安となっています。
また、ミキサー工事では15、000円から、UHF工事およびBS・CSアンテナの設置工事では37、000円から依頼できる場合が多いです。

アンテナ設置の工事は、家電量販店や電気屋、アンテナ工事業者やハウスメーカーなどに依頼できます。費用の目安は、アンテナ設置工事業者が一番安く、40、000円からの料金設定が多くなっています。


全体的な費用の目安として、40、000円から100、000円前後で済む場合が多くなっています。

アンテナ工事の費用に関する詳細はこちらです。





横浜のリノベーション費用の人気度が上昇しています。

足立区で浴室リフォーム情報があれば全てが解決します。

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/27315010/

https://matome.naver.jp/odai/2147072458565674701

https://matome.naver.jp/odai/2139454248676021101

関連リンク

img-2
フロアコーティングの種類別の詳細情報

フローリングに適したコーティングには、施工する原材料によって種類が分かれています。各々、コストや効果、耐用年数が異なる為、自宅のフローリングなどに施工される場合には、知識を持っておく事が重要となります。...

more
img-2
フローリング補修のプロについて

フローリングが痛んできた時には、自分で直せる範囲であるのなら少しでもある道具などを使って、直すことができますが、プロの業者に頼むこともできます。フローリングは木で出来ているので、物を落としたり家具を引きずったりしてしまうと傷がついてしまいます。...

more
top